« 松坂が投げるのは8日?9日? | Main | 日本代表のタレント性 »

初めて観た試合/思い出に残る試合

生まれて初めて観戦した試合。
妙に憶えているものなんですよね。
大学に入ってから何十回と観戦した試合は憶えていなくても、初観戦の興奮だけは忘れられないものです。

1991年8月6日の巨人VS阪神。
先発投手は、巨人がスローカーブを武器にする香田、阪神がルーキーの湯舟。
初回阪神が岡田の二塁打で2点先制。
もうどうなるものかとハラハラでしたが、途中から巨人が攻勢をかけていく。
7回だったかな?たまたまスタメンで出場していた佐藤洋のスクイズで逆転。
4番原の適時二塁打も観れました。

家族で宿泊したグリーンホテルから見える、夜の静まり返った東京ドームが奇麗でした。

2回目の観戦もおぼろげながら憶えています。
初観戦から2年後…1993年の巨人VS横浜。
先発は木田でした。
早々とノックアウトされて、宮本、水野などが次々と投入されたのを憶えています。
試合を決定づけたのは、たしかルーキー佐伯が変わり鼻の宮本の初球を捉えた適時打だったと思う。
巨人に怪我人が多くて、原はでてないし、ブラットリーが3番か4番を打ってて物足りなかった。
でも観戦した席はバックネット裏、もう少しでテレビに映る特等席だったのが嬉しかった。

3回目の観戦は、また2年後、中3夏の修学旅行でした。
これまで香田、木田と先発投手には少しガッカリでしたが、この試合は桑田が先発。
しかし自ら適時打を放ちながらも調子は最悪で、1-10くらいでの負けゲームでした。
この年は後藤が「時の人」と呼ばれて大活躍。
後藤が姿を見せた瞬間に、わざとらしく「ゴ・ト・ウ!」を連発してたら、当時僕らが馬鹿にしていたお婆さんの後藤先生に睨まれた(笑)

強く印象に残っているのはこの3試合なんですよね。
あと強いて挙げるとすれば、神宮での原1次政権“東京”ラストゲームかな?
7回あたりからは、全選手の応援が現役時代の原のテーマになっていた。

「嵐を呼べレッツゴーレッツゴー 勝利を呼べレッツゴーレッツゴー アーチをかけろ 輝く光浴びて それゆけ辰徳」

原の退任がほぼ確実になっていて、それを悲しむ巨人ファンの嘆きが、選手よりも監督の声援に変わって…
あの光景、あの一体感は強烈に記憶に焼きついています。

あとは思い出に残っている試合って何かな?


・上京してから初めて観た東京ドームでの試合(ルーキー上原の完投勝利)
・グリーンスタジアム神戸で観た、関西パ・リーグ独特の雰囲気
・ついに実現、2003年の松坂VS新垣
・札幌ドームで観戦した、五輪予選の日本VS韓国


思い出に残っている試合、皆さんもありますか??

|

« 松坂が投げるのは8日?9日? | Main | 日本代表のタレント性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61339/40147233

Listed below are links to weblogs that reference 初めて観た試合/思い出に残る試合:

« 松坂が投げるのは8日?9日? | Main | 日本代表のタレント性 »