« 嫌らしい人 | Main | 賞味期限が過ぎたら愛着がわいてきた »

【交流戦惨敗】影の戦犯

4月の快進撃がウソのように交流戦惨敗の我が巨人軍。
ハッキリした原因はいくつかあります。

小久保、由伸、阿部、上原ら、主力の相次ぐ離脱。
清水、矢野、小坂、仁志ら主力野手の不振。
林、福田らリリーフ投手の疲労。

要はまともに機能しているのは二岡と李だけなんですよね。。

ただ、それとは別に僕は影の戦犯が存在すると見ていました。
それは三塁コーチである西岡外野守備走塁コーチです。

先々週でしたか?
西武戦で、少なくとも二度の走塁指示ミスがありました。
二度の本塁憤死がありました。
先週の小関の三塁ベース踏み忘れによる李の本塁打取消しも、三塁コーチのチェックが甘かったことも原因のひとつです。
さらにサヨナラ負けのあとの、亀井との言い争い。
もちろん西岡コーチだけが悪いわけではありませんが、チームの雰囲気を悪くしてしまったのも事実。

チームの勝敗を左右するのは、前線で戦う選手だけじゃないんですよね。
監督だけでもないのです。
コーチだって大きな役割を担っているのです。

投手陣再建が称えられている尾花コーチのようにクローズアップされること。
「名判断だった」と称えられるような走塁指示。
西岡コーチの奮起を期待します。

|

« 嫌らしい人 | Main | 賞味期限が過ぎたら愛着がわいてきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61339/10575641

Listed below are links to weblogs that reference 【交流戦惨敗】影の戦犯:

« 嫌らしい人 | Main | 賞味期限が過ぎたら愛着がわいてきた »