« 【交流戦惨敗】影の戦犯 | Main | あれこれ語ってみる »

賞味期限が過ぎたら愛着がわいてきた

去年まで「巨人で嫌いな選手は?」と聞かれると、真っ先に江藤と工藤の名前をだしていました。

FA宣言をした際に、横浜有利と言われた争奪戦の最中、「横浜には進藤さんが三塁のレギュラーにいるから申し訳なかった」という迷言を残し、元木がレギュラーとして君臨している巨人に移籍してきた江藤。
ダイエーにFA移籍する際に、「必ずライオンズに戻る。現役生活の最後はライオンズで」と感動的なセリフを残し、それから5年後に巨人に移ってきた工藤。
基本的に金でつってきた選手は好きになれませんが、この2人は特にそうでした。

しかし、今年に入ってから工藤に対する僕の思いは少しちがっています。
工藤が投げると、どうも応援しちゃってるんです(笑)
僕自身が「今年の巨人に熱を入れてるから」というのもあるでしょう。
でもそれ以上に「工藤の賞味期限が過ぎたから」じゃないかなぁ、と思っています。

FAや逆指名・自由枠などで、カネ・巨人ブランドを利用して獲った選手は愛着を持てない選手が多くいます。
ドラフト3位以下の大卒・社会人、高卒選手だと、“計算外の活躍”という意味で、なぜか応援したくなってしまいます。

工藤をFAで獲得した際には、年齢的にもおそらく巨人フロントは3年程度の活躍を計算していたことでしょう。
それがフタをあけてみれば、今年で7年目。
6年間で50勝というのは、2~3億をもらっている選手としては物足りないです。
でも、今の工藤は明らかに賞味期限を過ぎている。
そう考えると、“計算外の活躍”という意味で、急に愛着がわいてきました。
とはいっても、できりゃあ若手に活躍してほしいから、あまり頑張りすぎてもらっても困りますけどね(笑)

余談ですが、僕は上原も嫌いです。
マウンド上で苦しそうな顔を露骨に見せる姿。
ありゃあエースの態度じゃない!と思っていましたが、今日は少し上原を見直しました。
二死から鉄平にタイムリーを打たれたあと、フェルナンデスを二塁フライに打ちとったにも関わらず木村が落としたシーン。
普通の投手なら気持ちが切れて、次の山崎に打たれます。
そこをきっちり三振にしとめて、流れを止めたピッチング。
何だかんだ言っても上原はエースですね。

|

« 【交流戦惨敗】影の戦犯 | Main | あれこれ語ってみる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61339/10582374

Listed below are links to weblogs that reference 賞味期限が過ぎたら愛着がわいてきた:

« 【交流戦惨敗】影の戦犯 | Main | あれこれ語ってみる »