« February 2006 | Main | April 2006 »

【球春到来!】2006年セ・リーグ展望~

パ・リーグに比べると、各球団の戦力は拮抗している。
ほとんどのチームに優勝の可能性も、最下位の可能性もあると思います。
以下は順位予想。

1位 巨人(1位~6位)
2位 ヤクルト(1位~5位)
3位 中日(1位~3位)
4位 阪神(1位~4位)
5位 広島(1位~6位)
6位 横浜(1位~6位)

※()内は可能性のある順位を記載してみました。

最も戦力的に安定しているのは阪神だと思います。
でも井川をはじめ、先発陣が安定しているとは言い難いのであえて、4位にしてみました。
そうなんです。ペナントを制するために、最も重要なのは先発陣だと思います。
そういう視点で考えると、ヤクルトって案外強いのじゃないでしょうか。
石川、藤井、川島、ガトームソン、石井一久と粒揃いなんですよね。
巨人だって、頭数自体は揃っているので、あとは早い段階で今期は誰が使えるのかのは見極める必要があります。
上原、工藤、桑田、高橋尚、入来、真田のローテーションを完全確立させた2002年のような状態にできれば、巨人は優勝できます!
投手力という意味では中日が強力ですが、ここは井端の3番コンバートが吉とでるか凶とでるか?
ダークホースは広島だと思います。
ブラウン監督の新戦術が当たれば優勝もありえる。
メジャーでは常識となっている2番強打者説も、前田を2番に添えることで実践してきそう。
横浜は戦力的には優れてるんですけど、監督がねぇ…。
今年も4番佐伯でいくんですかね?
僕なら古木や吉村を活用、石井に代えて内川を使うなどして打順を組みますけどね。

中日、横浜以外は超強力打線を誇るだけに、それらを抑え込む投手力。
これが混戦の中で浮上するための条件になりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【球春到来!】2006年パ・リーグ展望~

例年なら「順位&タイトル大予想!」の企画をうつところなのですが、ことしは「展望」というところに落ち着きました。
だってキャンプ、オープン戦ほとんどチェックしてないんだもん。
大予想なんてエラそうなことは言えません。
でも“野球バカ”を自認する自分にとって、これをやらずにはシーズンは迎えられません。
そこで、今までの経験や、雑誌などをチェックする限りの情報で今年の展望を占ってみようと思います。

さて、まずはズバリ順位予想から。

1位 千葉ロッテ(84勝52敗)
2位 ソフトバンク(77勝59敗)
3位 西武(70勝66敗)
4位 オリックス(67勝69敗)
5位 日本ハム(59勝77敗)
6位 楽天(50勝86敗)

え!?無難すぎじゃないですか?と思われた方々。
申し訳ありません。
でもそれだけ昨年と大きくは戦力変動はないと思うんですよね。

唯一あるとすれば、ロッテとソフトバンクの戦力が完全に逆転しました。
城島の離脱、そして西岡、里崎、渡辺俊らのWBCでの自信。
これらが加味されて、ロッテとソフトバンクは逆転どころから、かなり差が広がったと思います。

6球団の状況を分かりやすく述べると、最強・強・弱・弱・弱・最弱と言ったところ。
オリックスは、中村・清原の補強が話題をよんではいますが、結局ペナントを左右するのは投手力だと思うんですよね。
その投手力に大きな変化がなかっただけに大化けは厳しいでしょう。

それを言ったら、豊田・森を失った西武はもっと厳しいとは思います。
しかし松坂で15勝以上、西口・帆足を加えると3人で40勝を計算できる先発陣は未だ健在です。
なんだかんだ言ってプレイオフには顔をだしてくる。
そして、短期決戦では10勝投手が5人いるチームより、15勝投手が2人いるチームの方が有利になります。
良い例がR・ジョンソン、シリングの20勝コンビが7戦中5試合に登板してヤンキースを破ったダイヤモンドバックスの例です。
西武にも優勝のチャンスは十分にあるでしょう。

日ハム、楽天は目立った投手補強がなかったことからも、去年同様厳しい戦いを強いられると思います。

個人の選手で注目したいのはWBC組です。
この時期にWBCへ参加していた選手には、明暗が分かれそうな気がします。
本来であれば、オープン戦で調整をしている時期ですからね。
西岡、里崎、松中、小笠原、渡辺俊介ら常時出場していた選手は良いのですが、投打の和田、杉内、薮田、藤田など、本当ならもっと試合にでなければいけなかった選手たちの調整不足には不安が残ります。
常時でていた選手でも松中あたりは、疲労が心配ですよね。
逆に西岡、里崎あたりは自信をつけて大ブレイクしそうな予感がします。
個人的に今年のイチ押しは西岡。
3割20本を打って、将来はメジャーも狙える選手になると思います。
もう1人、WBCで自信をつけたのが川崎だと思うのですが、怪我で長期離脱を余儀なくされたのは残念ですね。

今年のパは各球団とも有力な若手が多いので、誰がブレイクするか楽しみですね。
おそらく1位ロッテ、2位ソフトバンク、6位楽天を揺るがすまでの変動は起きないとは思いますが、それによって3~5位の順位は大きく変わってくる可能性は大です!

| | Comments (0) | TrackBack (1)

【WBC】結果オーライだから良かったものの…

3度目の正直で韓国を下し、決勝進出を決めた日本。
とはいえ、格下の隣国である韓国に2敗したことで、どこかスッキリしないのは僕だけじゃないはずです。
あの2敗の敗因はいったい何だったのか?

理論派と呼ばれている前巨人監督は、スポーツ紙上で敗因を「気迫の差」「日本の選手には本気で勝とうという執念を感じられる選手がほとんどいなかった」と分析していました。
僕はそうは思いません。
あんなに感情を表にだすイチローは初めて見ましたし、その姿を見て発奮しない選手がいるとは思えません。
現に今日の試合ですが、代打の福留や宮本が結果をだしていることからも、チームが一丸となって勝利に向かっているのは明白です。
もし代表に選ばれながら勝利への執念がない選手がいるのであれば、その人は今すぐ日本人を辞めた方がいいでしょう。

では他に要因はあったのか?
僕は今日の試合を見ていて不安に思うことがありました。
それは王監督がかかげる“スモールベースボール”です。
今大会では日本はバントを多用していると聞いていましたが、そのバント戦略で2つありえないシーンがあったのです。

それはいずれも7回。

ひとつは0-0、無死二塁(二塁ランナー松中)で多村がバントを試みたシーンです。
所属する横浜ではバントの経験がほとんどないと思われる多村。
さらに二塁ランナーは足が遅い松中です。
多村、今江、小笠原と打率が高い選手が続くシーンで、どうしてリスクを冒す必要があるのでしょうか。
仮にバントが成功したところで、三塁ランナーが松中では内野ゴロや浅い外野フライではホームに帰れるイメージが沸きません。
少なくともこのシーンではバントを試みるメリットは小さかったはずです。
ちなみに結果は2ストライクまで追い込まれ、最後はバスターを試みての空振り三振でした。

もうひとつのシーンは福留の本塁打で2-0となり、小笠原が死球で出塁した一死一塁で里崎が打席に入った場面です。
一死でバントという戦術自体があまり好ましくはありませんが、打者が里崎、次打者が好調川崎というシーンのみを考えると、バント作戦はありかもしれません。
しかし、このシーンは福留の本塁打で流れが日本に傾いていて、しかも小笠原が初球で死球をぶつけられるという、明らかに投手が動揺しているシーンです。
投手心理としては喉から手がでるほどアウトが欲しいはずです。
そのシーンで、あえて自らアウトを謙譲する必要があるのでしょうか。
ここでの結果は、やはり投手の動揺が収まらず、暴投で小笠原が二塁に進塁し、バントをする必要がなくなった里崎がタイムリー二塁打を放ちました。
その後の連打&大量得点を考えると、結果オーライだったといえるでしょう。

僕が問題に思ったのは以上の2シーン。
“スモールベースボール”をかかげるのは間違っていないと思います。
日本人野手メジャーリーガーを見ていると、国際試合ではパワーヒッターの能力は発揮できないのは予想がつきます。
それなら、それに合わせた選手を招集して、彼らを中心にメンバーを組めばよいのです。
現に今大会では川崎や西岡が大活躍していますからね。

フォア・ザ・チームでチームの方針に従って一丸となって戦うのは素晴らしいことです。
でも無理にバントで犠牲になるのが良いかといえば、それは別。
僕は準決勝の韓国戦しかまともに見ていないので、それまでの試合はどうなのかは知りません。
でもこの試合を見ている限りは戦術に不安を感じたので、もしかしたらこれが過去の2敗の敗因になっているのではないか、と感じました。
だって、戦力は明らかに日本の方が上だし、気迫だって負けていないのですから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

WBCが意外とおもしろい

「意外と」と表現していましたが、僕はこの大会を冷めた目で見てたんです。
日本の話をすると、松井も城島も井口も出場しない準ベストメンバーにすぎないし。
大会自体を見ても、どうせオリンピックと同じでアメリカ、キューバ、日本のお決まりの3強対決なんだろうと。
オリンピックの延長にすぎないんだろう、と。
日本と韓国がダントツでアジア1次予選を突破したあたりまではそう思っていました。

でも、オリンピックとちがって、現役メジャーリーガーが出場するWBCはおもしろいですね。
何がおもしろいって、各国にメジャーの主力級が出場していて、「あ~この人はこの国なんだ」と思える瞬間がそうなんです。
ピアザがイタリア代表ででているや、B.ウィリアムスがプエルトリコ代表で出ているのをニュースで観て、けっこう興奮しています。
昨日はフィットネスクラブでエアロバイクをこぎながら、ドミニカVSオーストラリアを観ていたのですが、ドミニカ打線もおもしろいですよね。
ソリアーノ、プホルス、オルティス、テハダ…と続く打線は、メジャーの準オールスター級の打線ですよ。

まだそれほど熱をあげて観ているわけじゃないけれど、きっとカナダ、キューバ、メキシコ、ベネズエラあたりにもメジャー主力級が多数登録されてるんでしょうね。
改めてメジャーリーグが人種のるつぼであることを感じると同時に、文字どおりの各国の威信を賭けた戦いが楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連帯責任ってどうなの?

駒大苫小牧の甲子園出場辞退。

僕はこれって、果たしていいものなのか…疑問に思っています。
だって、飲酒が見つかったのって3年生なんでしょ?
いくら「卒業するまでは部員」といったって、もうとっくに引退している3年生の不祥事じゃあまりにも1、2年生がかわいそう。
それプラス以下2つの点で、この処置ってあまりにも理不尽じゃないかと思います。

まず「3年生の飲酒で出場辞退」という前例をつくったのはあまりにも危険すぎると思うんです。
高校野球の強豪校というのは、上級生と下級生の仲が悪いところが多々あると思うんですよね。
駒大苫小牧がどうかは分かりません。
でもこういった前例をつくったことで、他校で甲子園に出場できないまま引退した3年生たちが、直後にセンバツ出場を決めた下級生を嫉んで、出場を取り消すために不祥事を働いたらどうします?

おまけに高校生の飲酒なんて、今じゃ当たり前ですよ。
僕は友達が少なかったので、1人でチビチビとしかやったことはありませんでしたが、もし友達が多かったら卒業式の日くらい大勢で飲んでいたと思います。
そのくらい高校生とお酒は身近なものなんですから。
未成年がお酒飲んだ、タバコ吸った、でガタガタ騒ぐんじゃないと。
ちょっとタバコ吸っただけで、謹慎になんてするんじゃない、と。

すいません、話がそれました(笑)

いずれにしろ駒大苫小牧の辞退って、処分が重すぎると思いますよ。
連帯責任なんてキレイごといってないで、もっと合理的に行動すべき。
と、現代っ子の自分は思っちゃうんですけどね~。
いかがなんでしょ?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »