« December 2005 | Main | February 2006 »

またまた補強論

最近当コラムでは、この手の話題ばかりでうんざりの方もいるかもしれませんが、お許しください。
イ・スンヨプが巨人入りを熱望しており、巨人も獲得に乗り出すという話題があがっています。
昔の自分なら「ふざんけんな!生え抜きで充分だ!」と一括するところですが、今年の自分はそんなでもありません。
JPはともかく、野口や豊田の補強が発表されたときも心中は穏やかでした。
なぜこうなったか?
理由は3つほど考えられます。

①一度巨人を見捨てたことで愛情が薄れた
②①に関連して、過剰補強への免疫ができた
③今年の巨人の補強は理にかなっていると本気で思っている

実際のところ、上記のどれが原因なのかは分かりません。
でも今年の補強策で、本気で頭にきたのは、JPと辻内の獲得だけだったんですよね。
(辻内は抽選でしたが、本来は投手ではなく、スラッガー(平田)を獲得すべきだったと思っています)


補強には“善の補強”と“悪の補強”があると思います。
“善の補強”とは、足りない部分を補強、もしくは足りている部分を補強して余剰戦力になった選手を外にだすことです。
巨人のFAでいうと、落合、清原、前田あたりは“善の補強”でした。
逆に“悪の補強”というのは、無駄に余剰戦力を補強すること。
広沢、ハウエル、工藤、江藤、メイ、ペタジーニ、ローズなどがそうです。

それと照らし合わせると、今年の巨人の補強は必ずしも“悪”ばかりではないのです。
豊田については、クローザーが長年の課題であったし、小坂のような守備走塁のスペシャリストも欲しかった。
野口は先発陣が豊富なだけに、若干「?」もありますが、中日でくすぶっているよりは働き口があってよいでしょう。
JPと辻内は前に述べたように無駄な補強です。
でも、イ・スンヨプだって、今は実際に一塁手がいないからOKなんですよね。

だから例年の補強のように、なりふりかまわずでないだけマシかなぁ、とそう思うのですが、それは勿論偶然ではなくきちんと考えてこうなっているのであれば、ですけどね。
あとは欲を言えば、西武を自由契約になった小関が欲しかったなぁ。
外野守備のスペシャリスト…これは松井が抜けたときから4年にわたる課題点です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

立ち上がれ淞南

今日は高校サッカーの話。
僕の故郷岩手代表の遠野高校が、準決勝で鹿児島実業に敗れて姿を消しました。
しかし、岩手県勢が国立のピッチに足を踏み入れるのは初めてのこと。
しかも累積警告でレギュラー3人を欠きながらも、鹿実の主将に「ちょっとやばいと思った」と言わせる粘りの試合だったそうで。
ここまでよく頑張ったと思います。
また、毎試合後にインタビューを受けていた監督が、僕の高校時代の応援団の先生だった松田さんで、当時の彼の頼りない姿を思うと、少しカッコよく見えて好感が持てました。

さて、今日の本題は、この遠野高校の3戦目がテーマです。
相手は島根代表立正大淞南。
1-0とリードして逃げ切りに入った後半ロスタイム、淞南が奇跡の同点ゴール。
しかし、その1分後に遠野が更なる奇跡の勝ち越しゴール、という劇的な展開でした。
問題のシーンはその遠野が勝ち越しゴールを決めた瞬間です。

淞南の選手がバタバタとピッチに倒れだしたのです。
別に体調が悪かったわけではありません。
おそらくゴールを決められた脱力と諦めモードが彼らをそうさせたのでしょう。
まるでドーハの悲劇を思いだせるこの光景に、僕は思わず叫んでしまいました。

「何やってんだ!立て!立て!まだ時間は残っているぞ!」と。
遠野を応援していたにも関わらず叫んでしまいました。
だって、翼くんだったら、爽やかな笑顔で「みんな試合はまだ終わってないぞ。最後まで諦めないで戦おう!」と言って自らボールを持ってセンターサークルに向かっていくシーンじゃないですか。

まぁ百歩譲って彼らが倒れたのがしょうがないとしましょう。
でも許せなかったのは、最後に倒れたひとりの選手です。
遠野がゴールを決めた瞬間に、ゴール前にいた3人が一斉に倒れました。
実はこの時、もう1人の選手が倒れずに立ったまま悔しがっていたのですが、3人が倒れたのを見て、慌ててその選手も倒れたのです。

これだけは許せなかったです。
本来であれば、彼が翼くんの役目を演じなければなりませんからね。

ちなみに遠野高校は、この瞬間抱き合って喜んでいましたが、それも一瞬。
すぐに戦闘モードに切り替わって、相手の反撃に備える体制を整えていました。
その後、試合が1分くらい続いただけに、倒れた時間のロスは勿体なかったです。
1分といえば、遠野が追いつかれてから再度突き放すゴールを決めるまでの時間ですからね。
悔しいし、ガッカリするのは分かるけれど、最後まで諦めずに戦い抜いてほしかった。
そう思えたシーンでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一場よ、タイに何をしに行く?

楽天の一場投手と、日ハムの正田投手(桐生第一の先輩後輩)がタイへ自主トレに行くそうです(もう行っている?)

タイで自主トレって珍しいですよね。
野球選手と言えば普通ハワイとか、アリゾナ・フロリダあたりが人気かとは思うのですが。
彼らに言わせれば「金がないから物価の安いタイで自主トレをしたい」のださそうです。

おいおいおいおい…。
金がないって、あんたら契約金いくら貰ったのさ?
年俸だってそこそこあるでしょ?
ていうか、だったら高い航空券買わずに国内で自主トレすればいいべさ。
と僕は思ってしまうのですが、どうなんでしょ?

記事が掲載されていた日刊スポーツによれば、物価の安さの他にも「温暖な気候」「ハングリー精神を養うため」というのがタイを選んだ理由のようです。
ちなみに「ハングリー精神を養う」というのは、タイが野球未発展国で、用具は揃っていないし、適したグラウンドもないから、あえて困難な地で自主トレをおこなうことで同精神を養うのだそうですよ。。
タイを旅行した僕の経験から言いますと、気候は温暖ではないです。
暑すぎです。
たぶん湿気も強く、ダラダラ汗が吹き出ます。
たぶん日本の冬とは気温差がありすぎて体を順応させるのに苦労するんじゃないかなぁ。

どう考えてもデメリットばかりとしか思えない野球選手のタイ自主トレ。
でもひとつだけ、メリットがあるんですよね。
ヒントは「物価の安さ」と「夜」

前例に乏しいタイ自主トレの成果は吉とでるか凶とでるか?
タイでの“充実した生活”を帰国後に活かせるかどうかが鍵のような気がします。

ていうか、プロ野球選手なんだからセコセコするなよな~。
というのが、僕の正直な感想ですけどね(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »