« April 2005 | Main | June 2005 »

“苦渋の決断”という愚行

巨人の矢野謙次外野手が2軍に落とされたらしいです。
持ち前の俊足好守に加え、今年は3割中盤の高打率を記録しており、不調の巨人を引っ張っていた矢野がなぜ急に2軍落ち?
怪我でもしたのか?と思ったのですが、事情はどうやら違うらしいです。
どうも高橋由伸が1軍に上がるために入れ替わりで落とされるらしいです。
本来なら怪我をしているキャプラーを落とすはずだったのが、本人が1軍帯同を希望しているため「首脳陣は“苦渋の決断”を強いられた」とスポーツ報知に載っていました。
苦渋の決断って何やねん?
しかもキャプラーは「怪我をしている」から落とそうとするんじゃなくて、「実力がない」から落とすというのが常識じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?

この記事を読んだ時、もう今年の巨人は終わりだな、と思わざるをえませんでした。
ハッキリ言って、今の巨人打線で最も頼りなるのが清水、そして次が矢野です。
調子より名前や期待度で由伸やローズを使わざるをえないのは理解できます。
しかし、交流戦中でDHを利用できる中で、矢野の出番は充分にありえたはず。
仮にスタメンで使わなくても代打や守備固めでも出番はあったはず。
それを“苦渋の決断”とやらで2軍に落とすとは…。
そこに実力主義の世界は存在しません。

おそらく巨人の首脳陣がそっくりそのまま西武に異動したら、中村を使わずにフェルナンデスを使うんでしょうね。
ロッテに異動したら西岡を使わずに小坂と堀で二遊間を組むんでしょうね。
こんな球団にいる有望な若手選手はみんな不幸です。
どうせ使わないなら楽天に移籍させた方が本人のためです。
巨人の若手選手がごっそり移籍した楽天には今の巨人はかなわないでしょう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

誰が楽天をこんなにした?

♪ランランランラン黒い星~
  ランランランランまた増えた~
  今日もパパは元気がない~

'90年前後のズームイン朝「プロ野球入れ込み情報」の阪神コーナーで、毎日のように流れていた曲です。

大変長らくお待たせしました。
誰が楽天をこんなにした?です。

もうこれは犯人は明白。
原因はあきらかに新球団へのサポート体制が不十分だったことにあります。
昨年5位、6位のオリックス・近鉄の2軍レベルの選手を主体に、他球団を解雇になった選手から集めた戦力ではまともに戦えなくて当然です。
本来ならば11球団が万篇なく楽天に選手を送り込むべきだったのです。
具体案としては各球団とも25人の選手をプロテクトして、それ以外から楽天は5人ずつの選手を獲得できる。
この制度にするだけで、それなりに戦える戦力は作れたはずです。

たったそれだけのことをする度量が他球団になかったのが残念でなりません。
だって巨人なんて、江藤を放出しても痛くも痒くもないでしょ?
常時出場すれば、まだ20~30本は打てる選手ですよ。
それが控え選手に甘んじているのはもったいない。

僕が巨人の編成なら25人のプロテクトには久保、野間口、高橋尚、桑田、上原、木佐貫、西村、内海、前田、林、三木、真田、阿部、村田善、加藤、元木、清原、二岡、仁志、長田、吉川、清水、高橋由、斉藤、鈴木を残します。
すると楽天は、小久保、ローズ、江藤、工藤、岡島、を獲ることができるのです。
まぁおそらく巨人首脳陣は小久保、ローズ、工藤は手離さなかったでしょう。
この3人をプロテクトに含めたとしても、そこから漏れる前田、吉川、加藤を獲ることができます。
加藤がお気に召さなければ、野手の黒田、川中、投手では佐藤あたりが残っています。
これを他11球団からも同じように繰り返せば、少なくとも勝率1割の戦力にはならなかったのではないでしょうか?

プロテクト25人というと、かなりの数です。
どうしてこれだけのことが協力できないのか?
その度量の小ささが残念でなりません。

あとは球団のテーマ曲(?)にモーニング娘。を起用した三木谷オーナーが「楽天とモー娘。の境遇が似ているから…」と話していたのも残念でしたね。
初めから「他球団を戦力外になった寄せ集め集団」的なことを認めしてしまってはいけませんよ。

これを反省点にして、次回新球団ができるときは二度とこんなことがないようにしてほしいです。
そして個人的にはロペスの打率と球団の勝率のどちらが高くなるか暖かく見守っていきたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

誰が巨人をこんなにした?

いよいよ5月6日よりセ・パ交流戦がはじまります。
僕の注目はなんといっても巨人VS楽天。
このまま順当にいけば、プロ野球史上初のセ・パ最下位決戦をいきなり目のあたりにできるのです。

しかしシーズン前は誰がGW明けから巨楽の最下位決戦を見られると予想したでしょうか?
楽天の最下位は順当だとしても、まさか巨人が最下位で5月を迎えるとは…?
そしてその楽天も勝率2割前後まで負けが込むとは…。

この両チーム、ここまで負け続けるには何かしらの原因があるはずです。
そこで巨楽最下位決戦の前に、なぜ両チームがこんなに弱いのか、その戦犯をあぶりだします。

名付けて「誰が巨楽をこんなにした?」
まずは圧倒的な戦力を誇りながら、最下位に沈む巨人からです。。

巨人の敗因によく挙げられるのが、投手陣の弱体化と監督の采配の未熟さです。
ですが僕は、巨人の崩壊は今にはじまったことではなく、10年前から分かっていたことだと感じています。
厳密にいえば、広沢・ハウエル・川口を獲得した95年からはじまっていたといえるでしょう。

既に充足しているポジションに余剰戦力を獲得してきて入れる(原がいる三塁にハウエル獲得)
他ポジションの選手を獲得してきて無理矢理守らせる(一塁手広沢を獲得して左翼起用)
不必要なベテラン投手の獲得で若手の成長の芽を噤む(川口獲得)

この10年間に、広沢・ハウエル・川口の他にも、江藤・ローズ・小久保・ペタジーニ・マルティネスなどの余剰戦力を数多く獲得してきました(清原・前田・ヒルマンに関しては、結果はともかく補強のコンセプトは適切だったと思います)。
これによって被害にあったのは、原・清原・清水・元木・斎藤雅・桑田・槇原・その他若手選手数十名と枚挙に暇がないです。

これらの弊害は大きく2つが挙げられます。
まずひとつは、被害にあった選手から不満が漏れ、チームに不協和音が生じること。
もうひとつは、余剰戦力の獲得で若手選手の成長の芽がつむがれること。
若手が育たないから、また新たに戦力補強をおこなわねばならず、そうすることによって余計に若手が育たなくなる。
そこで若手はもちろん、戦力補強でポジションを脅かされる主力級からも不協和音が生じる。
この10年間、巨人はこの悪のスパイラルによって内部奥深くまでを病原体に侵されてきたのです。

ではなぜ10年間に一度しかBクラスを経験せずにすんでいるのか?
それが長嶋と原のマジックだったと思います。
もはや野球人にとって神の域にまで達している長嶋(僕には理解不能ですが)。
天才的な人材コントロールで全選手に満遍なく機会を与えた原辰徳。
この2人が監督だったからこそ、巨人は崩壊寸前のところでとどまっていたのです。

ここまで話すと、じゃあ結局はすべて堀内の責任かよ?と思われることでしょう。
たしかに堀内采配は最悪です。
選手の悪口は平気でいうわ、強者に遠慮して弱者はしごくわ、選手起用は下手糞だわ…で褒められる要素が見つかりません。
しかし、これは今に分かったことではないはずです。
コーチ時代の選手との衝突、解説者時代の非理論的な解説を考えれば、堀内の監督というのはどう考えても無理があったのです。
それを分からずに堀内を起用し、また10年間無謀な補強を繰り返し続けてきたフロントに非があるのです。

巨人を昔のような強くて人気のあるチームに戻すには…。
まずは堀内を解任して原を監督に戻す(現時点では江川でも求心力的に難しいでしょう)
余剰戦力をすべて放出。
具体的には、小久保・ローズ・江藤・工藤。
技術的な面では、投手陣崩壊を導いている阿部を三塁か外野へコンバート。
そうした上で、打順を組めば強力かつ若手にもチャンスありの素敵な打線ができます。

1.清水(左)
2.二岡(遊
3.高橋由(右)
4.清原(一)
5.阿部(中)
6.仁志(二)
7.元木(斉藤、吉川、長田など)(三)
8.村田善(加藤など)

或いは
1.清水(左)
2.二岡(遊
3.高橋由(右)
4.清原(一)
5.阿部(三)
6.仁志(二)
7.キャプラー(鈴木など)(中)
8.村田善(加藤など)

巨人を再生するのは決して難しいことではないはずなのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »