« November 2004 | Main | January 2005 »

野球選手の年俸は高すぎる?

よく言われることですが、FA制度ができてから選手の年俸が急騰しています。
たいして活躍していなかったり、たった1年好成績を収めただけで法外なUPを要求する選手がいます。
これは悪しき慣習になってしまっていますね。
何が原因で今年の球界再編騒動が起きてしまったのか?
近鉄やその他の球団が赤字をかかえきれなくなった一因をなしているのは何なのか?
選手たちには、自分らの主張をとおすだけでなく、球団経営に協力する歩み寄りの姿勢もみせてほしいものです。

ここ数年の年俸急騰を見ていると呆れるばかりなのですが、その中で唯一一貫して適性な査定をおこなっているのが広島カープだと思いますね。
それゆえにそのやり方に納得できない人がFAで読売や阪神に移るんでしょうけどね。
広島以外の球団は景気がよければ大幅に上げて、悪くなったら活躍しても上げないなど、査定方が統一していません。
あぁひとつ例外を忘れていました。
読売は勝っても負けても好景気ですね(笑)

僕が理想とする査定は、メジャー方式の実力と実績と人気を考慮した方法です。
日本では1年、1年積み重ねてUPさせる年功序列的な査定がおこなわれています。
だから過去に素晴らしい実績があるのに今はもう衰えて平凡な活躍しかできない選手が、6億5千万もらっていたり、4億5千万もらっていたり、FAで移籍してきてから5年間で39勝しかしていないのに2億9千万ももらっていたりするのです。(まぁ6億5千万と4億5千万の方は人気面での貢献がありますけどね)
それより若くてもある程度の実績があって将来もがんがん働いてくれそうな選手には大型契約をする、もうダメな選手はそれ相応の額まで下げる。
その方が合理的です。
それからイチローが「3年続けて活躍して初めて一流といえる」と話すように、ある程度の実績を残すまでは大幅UPは控えるべきです。
この世界では1年だけ活躍して沈んでいく選手もざらにいますからね。
プロ入り6年で9勝しかしていない投手が去年1年で20勝して1億2千万のUPを勝ちとりましたが、案の定彼は今年10勝したものの防御率6.26と散々な成績に終わりました。
彼はまだ何年も続けて活躍できる信頼を得ていないのだから、5千万程度のUPに抑えるべきだったのです。
中日の川上も今年17勝したからといって、入団7年で3度しか二桁勝利を記録していないのだから、2億もらうなんて虫がよすぎますよ。

これらの考えを踏まえて、僕なりに全球団の選手個々の価値をランクにしてみました。
「この選手となら大型契約を結ぶ価値がある」という選手のランク付けと思ってみてください。
カッコして、ひと言コメントと契約例も載せておきます。

1位 松坂大輔(実力、実績、将来性、人気とも文句なし。例:10年35億~45億)
2位 城島健司(捕手として打力はNo.1、守備も古田に次ぐNo.2。評価に年齢を含めると現役最高捕手。例:8年30億~40億)
3位 上原浩治(入団6年で15勝以上3度、防御率2点台3度は間違いなく現役最高投手。例:4年14億)
4位 小笠原道大(5年連続打率ベスト3の安定性に加え長打力もあり。例:5年15億)
5位 高橋由伸(入団7年で3割6度、20本塁打以上5度。例:4年12億)
6位 古田敦也(リーダーシップと若手投手育成能力は歴代最高。打力も未だ健在。年齢がネックだがそれを感じさせない。例:2年8億)
7位 井川慶(去年まで3年連続防御率2点台の実績に加え、まだ25歳と将来性もあり。例:6年15億)
8位 松中信彦(スタメン定着後の6年間の平均成績は3割30本超。怪我が多いのがネック。例:3年10億)
9位 赤星憲広(入団4年で190盗塁。広範囲の守備も心強い。例:5年10億)
10位 岩瀬仁紀(6年連続50試合登板、うち4年は防御率1点台の現役最強リリーフ。例:4年8億)

他には福留孝介、岩村明憲が若くて安定感のある選手だし、和田一浩、谷佳知も円熟期に入っていて期待ができます。
実力以上に高額契約する価値があるのは新庄剛志、清原和博といったところでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

川上発言に失望

僕は川上憲伸の素質をかなり高く評価しています。
プロ入り1年目に14勝6敗で新人王を獲得。
新人離れした体格もさることながら、145km前後の重い直球がスーッと低めに伸びていくのを見て「こいつはとんでもない投手になるぞ」と思ったものでした。
ところがその後、成績は低迷。
ケガもあって、2年目~昨年までの5年間で二桁勝利はわずかに1度だけと、見事に期待を裏切ってくれました。
それが今年は17勝7敗とルーキーイヤー以来の大活躍でいよいよ本領発揮かというところ。
遅咲きになってしまいましたが、僕は今でもセ・リーグの先発投手の中では川上が最も素質の高い投手だと評価しています。

それだけに先日の発言にはガッカリさせられました。
自身の契約更改について、「今年のような活躍は一生に1度あるかないかだと思う。だから『来年活躍したら上げるから』という言葉には乗らない」というものです。

僕はこの「今年のような活躍は一生に一度あるかないか」というのに反応してしまったのです。
これが去年20勝をあげたダイエー斉藤や、同じ中日の川崎が17勝でMVPを獲得したときの発言なら納得できます。
彼らの残した成績は自分の実力以上のものだったと思いますから。
でも川上にはこの程度の成績で「一生に1度」なんて考えてほしくないです。
毎年15勝以上をする力はあるのですから。

同年齢の上原は、今年の川上のような活躍をこれまでに3度記録しています。
時代が違うとはいえ、中日の先輩山本昌も3度記録しています。
何度も言いますが、僕はこの2人よりも川上の素質を高く評価しています。
それは松坂に次ぐ、和田毅や新垣と並ぶ高評価です。

「一生に一度」発言は、あくまで交渉を有利にすすめるためのもので、100%本心からでた発言ではないことを信じています。
余談ですが、報道によれば川上は1億500万円から2億5千万円のUPを狙っているようです。
でも過去の実績からいってせいぜい1億8千万円が妥当なところでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

立浪和義

「現役選手を使って『最強』ではなく『最高』の打線を作りなさい」という課題が与えられたとしましょう。
僕は真っ先に「5番立浪」を決めます。
チーム事情によって異なりますが、5番打者に求められるものとは、勝負強さと二塁打を打てる力(もしくは単打で出塁して盗塁を成功させられる走力)だと思います。
例えば3番に高橋由伸、4番に松井秀喜がいたとしましょう。
この場合、5番に打順がまわってきたときに考えられるのは主に2つのケースです。
3、4番が本塁打を放ち走者なしでまわってくる、或いは投手が3、4番を警戒して四球で歩かせ、走者がたまった状態でまわってくる。
この2つのケースが多くなると思えます。
前者の場合、5番はひとりでチャンスを作って下位打線につなげる役割が、後者の場合は走者を帰してさらにチャンスを作ったまま下位打線につなげる役割が期待されます。
打線を「点」ではなく「線」で組み立てるとすれば、5番に求められるのは本塁打の数ではなく、勝負強さと中打力。
この2つを満たしているのが立浪なのです。

さて、この立浪ですが、実はとんでもない大記録を達成する可能性があります。
その大記録とは…。
3000本安打です。
2004年終了時点での立浪の安打数が2219安打。
これを立浪の実働17年で割ると、1年平均130.5安打となります。
もしこのペースを維持したまま活躍を続けると、6年後に3002安打となり、今まで張本しか達成していない大記録に手が届くことになります。
こうした計算をする時にネックになるのが年齢ですが、立浪は来年で36歳なので6年後は41歳、まだやれなくはない年齢です。
敵は「怪我」と「ライバルの出現」でしょう。
腰に爆弾をかかえているため、これと上手く付きあっていくのが記録達成への第一条件。
球団が若手の育成をはじめたり、強打の三塁手の補強にのりださないかが第二条件となるでしょう。
今季も日ハム小笠原の獲得が噂されただけに、これはかなり不安です。

今はまだ注目されていないけれど、もう2~3年活躍すれば必ずマスコミが騒ぎだすでしょう。
野球人気を回復させるてっとり早い方法は、大記録の達成に盛り上がることです。
そのためには球団数を増やし、全体のレベルを下げて大記録が生まれやすい環境を作るべきというのが僕の持論です。
立浪が3000本を射程圏内に収めれば、今年のイチローのシーズン最多安打並のフィーバーが起こると僕は信じています。
たとえ達成できなくても少しでもファンに夢を見させてほしい。
期待しています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »